Author: admin

借入と返済の方法


お金を借りてから大事にしなければならないのは、返済期日を守ることです。期日を分かっていても返済方法を勘違いしていたり、窓口に行く時間がなく結局間に合わなかったり、これでは自身の信用を落としかねません。借り入れの前には、返済方法もしっかり確認しておきましょう。

ATM借り入れの際は基本的に、登録した口座に振り込んでもらうか、ローン会社の窓口で受け取るかです。すぐにお金が必要な場合は、口座振り込みが便利。こちらは一般的なカードローンとあまり変わりはありません。そして、借りた後はきちんとお金を返済しましょう。主な返済方法は、口座振り込みかローン会社の窓口で直接返済するかです。気をつけてほしいのは、口座引き落としではないこと。クレジット会社やカードローン会社ならば、自動的に引き落としされるものがほとんどですが、学生ローンではこの方法はほとんどありません。月に一度の返済といえども、返すのを忘れてしまうと催促の連絡が行きます。そのようなことのないように、毎月返済の振り込みを忘れないようにしてください。

このように学生ローンでは、口座振り込みか窓口での返済が基本です。他には、ローン会社がATMを設けていればそこで返済するのも可能です。または、口座振り込みのみというところもあるため、学生ローンを利用する際はさまざまな会社を見比べてみましょう。

申し込み方法


これから学生ローンを利用しようとしている方で、まだ一度も利用したことがないという方は多いのではないでしょうか。お金が関わる契約なので、借りるまでに手間取るイメージもあるかと思います。しかし、学生ローンの申し込みはそこまで面倒なものではありません。

申し込み方法学生ローンの申し込み方法は、ネットか来店、無人契約機のいずれかです中でも比較的簡単で、かつ主流となっているのはネット申し込み。必須事項を専用フォームへ入力し、その後確認の電話を受けるだけですぐにお金を借りることができます。提示の必要な身分証明書は、スマホなどで写真を撮って添付しなければなりませんが、すべて家にいながらできてしまうため楽な方法です。その他来店申し込みは、ネットで申し込むのが不安という方におすすめ。分からないことをその場で聞きながら契約ができます。また、ローン会社によっては無人契約機を設置しているところも。その数は少なく利用できる場所は限られますが、そのようなものを使うのも一つの手です。

できるだけ早くお金を借りたい方や、自宅ですべて完結させたい方には、ネット申し込みがうってつけです。来店申し込みでは交通費もかかってしまうため、少額のお金ならば少しでもお金を浮かせた方が良いでしょう。利用できる申し込み方法はローン会社によって異なるので、そこも会社を選ぶ基準にしてみてはいかがでしょうか。

借入と返済の方法

審査条件


旅行や突然の出費で、どうしてもお金が足りない時に頼りになる学生ローン。しかし、簡単に利用できるのか、周りにバレる心配はないのかなど、不安に思うことは多々あります。実際、学生ローンはいくつかの条件を満たしていれば、基本的にどなたでもお金を借りることができるのです。それでは、具体的な審査条件をご紹介しましょう。

審査学生ローンでお金を借りる条件として、第一に利用者が学生である必要があります。その証拠として、運転免許証や保険証などの身分証明書と一緒に、学生証の提示を求められることがほとんどです。また、学生であれば年齢の制限もないため、未成年でもお金を借りられるのが学生ローンのメリット。ただし、お金を借りられるのは安定した収入のある方に限られます。収入源はもちろんアルバイトで大丈夫です。月2万5千~3万円ほどの収入でも、最低限度額くらいは借りられます。

学生ローンは、学生であることと一定の収入があることの二つが満たされていれば、審査に通る可能性が高いです。審査条件はそれほど厳しくないため、お金を借りるのは簡単でしょう。しかし、気をつけなければならないのは、借りられるのは学生の間だけだということ。社会人になってからはお金を借りることができず、返済義務のみ残るため注意してください。

申し込み方法

学生ローンとは


学生ローンは、学生だけが借りられるローンの種類です。いくつかの条件を満たし審査が通った場合のみ、信頼できる範囲内でお金を融資してくれます。信頼できる範囲内とは、具体的には返済能力のことです。アルバイトで毎月一定以上収入を得ているかが大事になってきます。

学生ローンここまでだと、学生ローンは少し使いづらいものという印象を受けるでしょうか。しかし実際は、割とハードルが低くお金を借りることができます。学生ローンでは未成年でもアルバイトをしていればお金を借りることができ、稼ぐお金も月に3万ほどあれば審査が通ることが多いです。融資してくれるお金の上限はローン会社によって異なりますが、30~50万が一般的。旅行などでそれ以上必要な場合は厳しいかもしれませんが、生活費の足しくらいならば問題はありません。また、学生ならば心配になるのが、親にお金を借りたことがバレないかどうか。そのあたりも特に問題はなく、きちんと怠ることなく返済をしていれば親にバレる心配はないでしょう。返済が滞ってしまうと、督促状が家に届いたり電話で通達がいったり、バレるリスクが高まるため気をつけてください。

学生ローンは、初めて利用するローン会社としては適しています。学生の間しか借りられず、融資額も多くはありませんが、そのような制約があるからこそ借り過ぎを防止してくれます。当サイトでは、初めて学生ローンを利用しようと考えている方へ向けて、お金を借りるまでの流れをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

審査条件